HOME > よくあるご質問

豆腐について

豆腐は冷凍保存できますか?
冷凍保存はしないで下さい。豆腐は大半が水分でできていますので、凍ってしまうと水分が抜けてスポンジ状になってしまいます。一度スポンジ状になってしまったものは元には戻らず、豆腐本来の食感が損なわれてしまいます。
豆腐のパックに入っている水は捨てるの?
捨てて下さい。豆腐容器の中に入っている水が黄色くなっている場合があると思います。これは大豆の中の色素が溶出されたものなので害などはありません。この水の目的は豆腐がやわらかく、壊れやすいものなのでクッションとして入れてあるだけのものです。

こんにゃくについて

こんにゃくの下ごしらえの仕方って?
弊社製品は基本的にあく抜きがされていますので水で洗って頂くだけで大丈夫です。ひと工夫でさらにおいしく頂く下ごしらえの方法は。
● から炒りする(こんにゃくを中火にかけ、炒める。※熱に煽られるのでこんにゃくがしまって歯ざわりが良くなります。)
● ゆでる(沸騰したお湯にこんにゃくを入れ、ひと煮立ちさせます。※こんにゃく独特の臭みが取れます。)
さしみこんにゃくは、あく抜きをするの?
軽く水で洗って頂ければ、大丈夫です。
こんにゃくの保存方法。常温?冷蔵?
製品に記載している保存方法通りに保存して下さい。冷蔵庫で保存する必要はありませんが、直射日光はさけて下さい。
こんにゃくの食感がおかしい!!
こんにゃくが凍ってしまったものと思われます。こんにゃくは大半が水分で出来ていますので、一度凍ってしまうと、解凍しても元には戻らずにスポンジ状になってしまい食べられません。
こんにゃくの色が変色した!!
こんにゃくはアクの強い野菜と一緒に調理すると緑色や赤紫、黄色などに変色することがあります。これは「野菜に含まれる物質」と「こんにゃくの凝固剤水酸化カルシウム」が化学変化を起こすことによって変色します。また、この化学変化は有害なものではなく食べても問題ありません。こんにゃくと反応しやすく変色しやすい野菜はごぼう・ナス・春菊・さつまいも・フキ・インゲン豆・玉ねぎ等があるようです。
こんにゃくを炒めたら泡がでてきた!?
こんにゃくは大半が水分でできていますので、高温で熱したフライパン等で、調理することで、一気にこんにゃくの水分が上昇・蒸発がおきます。このとき上昇・蒸発した水分がこんにゃくの食物繊維の間からでてくるので、泡状になって出てきてしまったものだと思われます。

揚げ物について

生揚は冷凍保存できますか?
冷凍保存はしないで下さい。生揚は豆腐を揚げたもので、豆腐は大半が水分でできていますので、凍ってしまうと水分が抜けてスポンジ状になってしまいます。一度スポンジ状になってしまったものは元には戻らず、豆腐本来の食感が損なわれてしまいます。
油揚げを煮ていなり寿司をつくれますか?
「2枚入油揚」「3枚入油揚」「5枚入油揚」「いなり揚」は、ふっくら・やわらかく、開きやすく仕上げてありますのでいなり寿司をつくる際にご利用いただけます。
「しっとり浮かしあげ」「高尾国産大判肉厚油あげ1枚入」「国産ずっしり大あげ」は、従来の生地よりも厚くして肉厚の油揚げに仕上げてあるため、開きやすくなる加工は行っておりません。
開きやすくするには、菜箸や麺棒を使って上下に2、3往復、生地を伸ばすようにしてあげると開きやすくなります。
油揚げは油抜きをした方がいいの?
必ずしも「油抜き」をする必要はありません。それは、油揚げに含まれる油の風味もおいしさの一つと考えるからです。油っこさが苦手な方や煮物等で味しみをよくしたい場合は、油抜きをしていただくことをお勧めいたします。

油抜きをする目的は主に三つあります。
   ● 油くささがぬける
   ● 味がしみこみやすくなる
   ● ふっくらする
油抜きの方法としては
   ● 少量のお湯で両面をサッとゆでる
   ● 熱湯を流しかける
   ● クッキングペーパーに包み電子レンジで加熱する